受付時間

  • TEL
  • web

マップ

ぎっくり腰

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腰が痛くて仕事も家事もできない
  • とにかく痛みを何とかしてほしい
  • もう二度とぎっくり腰になりたくない

ぎっくり腰になる原因と傾向|いけだ整骨院

ぎっくり腰は、正式には「急性腰痛症」とよび強い腰の痛みが特徴です。筋肉や体力の少ない方がなるイメージがありますが、実際には10代や20代の若い方も発症します。

主な原因は、脊柱起立筋などの腰を支える筋肉や筋膜の炎症、仙腸関節や腰仙関節といった関節周りの組織の炎症が考えられています。そして、腰や背中に蓄積された疲労、ストレスよる筋肉の緊張も原因の可能性があります。ほかにも筋肉が過度に緊張したり背骨や骨盤の一部に生じたズレが発生したりして、些細なきっかけでぎっくり腰が発症するのです。

たとえば、顔を洗おうと洗面所で中腰になったり荷物を地面から抱えようとしたり、車の下をのぞき込もうとするだけでもぎっくり腰になってしまいます。

腰の痛みを訴えて病院にかかれば、レントゲン写真などで腰の状態を確認するでしょう。しかしぎっくり腰の場合、骨の異常でなく筋肉の問題なので、問題が写真に写らないケースが少なくありません。

そのため湿布や鎮痛剤を処方されるのですが、根本的な治療が受けられないケースがほとんどです。そのため一時的によくなっても、痛みを繰り返すほか以前より重症化することもあります。

急性期は痛みが治まるまで安静に|いけだ整骨院

少しでも腰を動かすと激痛がはしり、寝たきりのまま動けない状態だとしたらぎっくり腰と考えられます。

無理をして動くと痛みがさらに悪化するため、痛みが治まるまでは無理に動いてはいけません。まずは、痛みが治まるまで安静にしていましょう。

 痛みが治まってきたら、腰の負担にならない姿勢で過ごしましょう。仰向けの姿勢が楽な方は、さらに膝をたてるか膝の下にクッションや枕を入れてください。横向きがいいという方は、膝や太ももの間に大きめのクッションをはさむとよいでしょう。

いずれにしても腰に負担をかけない姿勢が大切です。上記の内容を試しながら、痛みが和らぐ姿勢を探してください。

ぎっくり腰を放っておくと……|いけだ整骨院

体が歪んだ状態のまま放置すると、クッションの役目を果たしている椎間板が潰れていき、腰の骨や関節、神経に大きなダメージを与えてしまいます。さらに放っておくと背骨の圧迫骨折や脊柱管狭窄症など、治療が困難な病気になるかもしれません。ほかにも体に歪みがあると、腰や骨盤周りの血管や神経を圧迫し、筋肉の自然治癒力を下げてしまいます。

そのため、ぎっくり腰を繰り返さないためにも、体の歪みから調整していく必要があるのです。

当院のぎっくり腰改善方法|いけだ整骨院

当院では、ぎっくり腰に対して手技を使ったマッサージを行い、筋肉の緊張や炎症を鎮めていきます。

根本的な原因となる体の歪みは、当院のオリジナルの矯正技術で対処。体全体の歪みを整え状態を回復させることで、本来備わっている自然治癒力を高め、症状を改善します。

また当院では、再発防止や日常生活でのケアもアドバイスをさせていただいておりますので、安心してご来院ください。

いけだ整骨院

TEL

住所
〒639-0225
奈良県香芝市 瓦口2102 サンライト五位堂1F
定休日
日曜・祝日
アクセス
近鉄五位堂駅より徒歩5分
駐車場2台完備

受付時間