受付時間

  • TEL
  • web

マップ

交通事故・むち打ち症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 原因がわからない首や腰の痛みがある
  • 首や腰の痛みのほかに、原因不明の体の不調がある
  • 最近、交通事故にあっている

交通事故のむちうち症とは|いけだ整骨院

交通事故のむちうち症は、時間が経ってから発症するのが特徴です。交通事故の直後は痛みも不調もなく大丈夫だと思っていたら、何日か経過してから痛みが発症します。治療の開始が遅くなり、痛みがひどくなるケースが少なくありません。

むちうち症は、頸椎捻挫(けいついねんざ)や外傷性頚部症候群といった病院の診断名がつく傷病です。主な症状は以下のとおりです。

・首の痛み

・頭痛

・だるさ

・めまい、吐き気

・手足のしびれ

・耳鳴り

個人によって表れる症状が異なるのが特徴で、いくつもの症状が同時に発生することもあります。整形外科の治療が長期化するケースも少なくないため、仕事や家事といった日常生活に大きな影響を及ぼします。

筋肉や筋の損傷による症状のため、レントゲン検査で判別は難しく異常がなくても数日経過してから症状が表れる方もいます。

交通事故のむちうち症になる原因|いけだ整骨院

後ろから追突された場合、体は進行方向に移動しますが、頭は元の位置にとどまろうとします。首がくの字になり頭は後ろに反る「過伸展」と呼ばれる姿勢になります。さらに反動で頭は前に振られ、今度は逆の方向に「過屈曲」します。まばたきするくらいの短時間で、首が急速に過伸展と過屈曲を繰り返し、首に大きな負担がかかるのです。

その結果、首の頸椎が損傷しむちうち症を発症します。

交通事故にあったら病院へ|いけだ整骨院

むちうち症は時間が経過してから症状が発症するため、事故直後に痛みがない場合があります。「痛くないし大丈夫」「痛みがでたら病院へ行こう」と考える方も少なくありません。また湿布や鎮痛剤を利用して一時的に痛みを緩和し、自然に治るのを待つ方もいます。その対応はおすすめできません。

むちうち症は正式名称ではなく、症状によってさまざまな傷病名がつきます。傷病名が異なると治療方法も変わるため、まずは病院で医師に診断してもらうといいでしょう。

 主に以下のような傷病名があります。

・頚椎捻挫

・バレー・ルー症候群

・神経根症状型

・脊髄症状型

・脳脊髄液減少症

頭痛、めまい、手足のしびれを伴うような重度なむちうち症となり、後遺症が残るリスクがあります。

そのため、交通事故にあわれたら湿布や痛み止めなど安易に済まさず、すぐに整形外科で精密検査を行い、診断を元に当院で骨格や筋肉にアプローチする施術を受けましょう。

むちうち症の治療|いけだ整骨院

当院では、治療計画をお伝えしたうえで患者様にあった治療を行います。治療だけでなく保険のご相談も含めトータルでサポートしますので、交通事故後の困りごとはぜひ当院へご相談ください。

いけだ整骨院

TEL

住所
〒639-0225
奈良県香芝市 瓦口2102 サンライト五位堂1F
定休日
日曜・祝日
アクセス
近鉄五位堂駅より徒歩5分
駐車場2台完備

受付時間